×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自然災害時のエコノミー車両保険

MENU

自然災害時のエコノミー車両保険

自然災害で自動車に被害が出たとき、保障してくれるのは「車両保険」です。
オールリスクタイプとエコノミータイプがありますが、災害被害の場合はエコノミータイプでも保障されます。
ただ、自然災害の中でも対象になる災害とそうでない災害があります。まず、水害の場合です。
台風、高潮、洪水での被害は対象になります。水没して車がダメになったり、車体が破損したりした時の修理代が支払われます。
それと、保険会社によって色々な呼び方はありますが、「身の回り品特約」というのに加入していれば、車内やトランクに入っていた荷物の損害も補償してくれます。
ちなみに、雪の被害も同様に対象になります。
対象にならないのは、津波です。東日本大震災で大規模な被害が出た津波災害ですが、自動車保険での保障はされません。
水害以外では、強風や雹による被害が対象となります。逆に、対象にならないのは地震や噴火などの災害です。
津波もそうですが、天候的な災害と違って一度起こってしまうと一気に大量の被害が出てしまうので、一般保険の対象にすることができません。
被災者の数に匹敵するほど自動車にも被害が出ると、保険金の総額が莫大になってしまいます。
特殊な災害に対応した特約もありますが、用意していない会社も多くあります。
日本は自然災害の多い国なので、できる限りの備えをしておくべきだと思います。